木製ベンチをDIYで作ろうと思うときに、初めての場合には、座面をスノコ状に仕上げる方法を選ぶ方が多いと思います。

座面をスノコ状に仕上げるメリットは、2×4材などの材木を等間隔に並べるだけの簡単さと、風通しが良くなることで腐食の予防に貢献する形状になることにあります。
しかし、実際に座面を組み上げようとするときに、材木を等間隔に並べることの難しさに直面すると思います。
さらに、背もたれ部分も等間隔に材木を並べるときには、同じような問題が生じるかもしれません。
そのようなときには、木材にマーキングして目視で合わせるよりは、隙間を何センチ間隔にしたらいいのかを計算して、「カットされた端材を挟んで位置決めをすると仕上がりが良くなります」。
端材を使用することのメリットは、等間隔に材木を並べられるだけでなく、並べられた材木が安定することから、下穴を開けたりするときにも正確に作業をすることができる点にあります。
端材を挟むだけの些細なポイントですが、それだけでも正確に材木を並べることができるので、より木製ベンチの仕上がりも良くなると思います。
このようなポイントを押さえて、プロ顔負けの木製ベンチを作ってみてください!

free space


最近の投稿