DIYで木製ベンチを完成させることができたら、迷うことなく塗装にもチャレンジして頂きたいと思います。

木製ベンチのような木工作品を塗装する目的は、大きく分けると「表面の保護」と「見た目の向上」にあります。


木製ベンチの表面を保護するとは、屋外に設置されるものになりますので、そのままでは雨や風によって汚れてしまいますし、木材に何かが当たれば簡単に傷が付いてしまいます。
そのような傷や汚れの防止のために、塗装という作業が必要になります。
また、塗装によって腐食や白アリの被害なども予防できるメリットも木製ベンチの場合には、無視できない要素になります。
さらに、木製ベンチに使用した材木そのものの木目の美しさなどもありますが、塗装をすることで木目を生かした表現に変更することもできます。
このような木目を生かした塗装を「染色塗装」といいますが、逆に木目が見えなくなるように塗装する「塗りつぶし塗装」をすることもできます。
また、木製ベンチに塗装してしまうと「木の呼吸を妨げる」という理由で嫌ってしまう方もいるようですが、一般的なウレタン塗装においても呼吸を完全に妨げるものではありませんし、オイルフィニッシュなどの方法を選択する方法もあります。

free space


最近の投稿